こばと通信

2020年4月のこばと通信

すこやかだより

新年度がスタートしました。日中は暖かい日も増えてきて、新たな気持ちで心弾む季節ですが、今年は例年とは違った雰囲気の春を迎えています。

昨年12月以降、新型コロナウイルス感染症の発生が報告され、世界各国で感染拡大のニュースが取り上げられています。石川県内でも感染者数の報告が日に日に増加し、一人ひとりが感染を出来るだけ抑えるための行動をとることが重要となっています。園内では、保育室の換気や消毒・玩具の消毒等を徹底して行い、より一層感染予防に努めています。子ども達が安心して園生活を送れるようご家庭と共に協力し合っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

日々状況が変化している事から、今後、行政からの指示・指導も変わっていく可能性があります。保育園としての対応に変化が生じた場合には、改めてお知らせします。

 

!新型コロナウイルスの感染予防対策!

うつらないために、うつさないために、感染症に備えて一人ひとりが今出来る対策を知っておきましょう!

①手洗い・うがい・・・帰宅時や食事の前は、手洗い(流水・石けん)、うがいを行いましょう。追加してアルコール消毒で手指消毒をすることも効果的です。

②免疫を高める・・・十分な睡眠とバランスの良い食事を心掛け、普段から免疫力を高めておきましょう。

③室内の換気を行う・・・部屋のウイルス量をさげるため、1時間に1回5分程度、部屋の窓を開けるようにしましょう。

④咳エチケット・・・くしゃみや咳が出る時は、マスクを着用しましょう。マスクがない場合は、口と鼻をタオルやハンカチで覆いましょう。

⑤人が密集する場に行かない・・・人混みを避け、不要不急の外出はしないようにしましょう。

 

お薬について

園ではやむを得ず投薬の必要がある場合に限り、依頼書と共にお薬をお預かりしています。依頼書原本の注意事項をよくお読みになり、薬袋に日付、名前、飲み方(食前・食後など)を記入し1回分のみ持たせて下さい。また、病院で薬が処方される際、誤飲や事故防止のためにもできるだけ朝夕の飲み方にならないか尋ね、園での与薬がないようにご協力頂けると助かります。また、緊急性がない与薬についてもご自宅で飲ませていただけるようご協力お願いします。

 

病後児保育の利用について

当園では病後児保育を行っています。病後児保育とは、発熱や下痢・嘔吐などの急激な症状が落ち着き、病気の回復期にあるが食欲が完全に戻っていない、主要な症状は無くなったが機嫌が悪く本調子でない、またはケガをして見守りが必要、退院後すぐに集団生活に入るのが心配な場合など、個別の保育を行うことです。

医師の指示のもと『病後児保育許可書・申請書』を提出していただくことで、ご利用いただけます。人数に制限がありますので、事前にご相談下さい。

 

 

 

給食レシピ

◆トマトのコロコロサラダ◆

◆トマトのコロコロサラダ◆

材料:4人分

・トマト・・中1個

・乾燥大豆・・・・大さじ3

・鶏むね肉・・・50g

・酒・・小さじ1

・きゅうり・・・中1/2本

・プロセスチーズ・・・小さじ4

・味噌・・・・小さじ2

・酢・・・小さじ1

・砂糖・・・小さじ1

 

作り方

1.大豆は前日に水につけておく。当日ふっくらと煮て冷まし、水気を切る。

2.鶏肉は酒、塩を加えたお湯で茹で、冷ます。

3.トマトはサイコロ状に切り、ざるで水分を切る。

4.きゅうりはサイコロ状に切り、塩をふってしばらく置く。

5.プロセスチーズもサイコロ状に切る。

6. ①~⑤の材料を調味料でさっくり混ぜ、出来上がり!

推薦図書

ぼくを探しに

シルヴァ スタイン 作  倉橋由美子 訳 / 講談社

足りないかけらを探しに行く「ぼく」。ぴったりと合うかけらを探しに行くのですが、なかなか見つからず。ようやくかけらが見つかり一緒になって転がってみるのですが…。
 白黒の色彩、素朴な線描画、単純な文章。子供向けなのか、大人向けなのか…。読み手の感じ方で色々な着地点を選択できる絵本だと思います。

追記・・・「続 ぼくを探しに ビッグ・オーとの出会い」もお薦めです。読み比べてどちらが好きか、お話してみるのも面白いかも。

おえかきしりとり

高畠那生 すずきのりたけ よしながこうたく 新井洋行

絵本の題名の通り、絵だけでしりとりを進めていく絵本です。
最初は定番の「しりとり」→「りんご」→「ごりら」→「らっぱ」・・・と進んでいきますが、次第に「ん?なんだろう?」と考えなければならない絵やなぞかけなどもあり、答えがわかると思わず「そういうことか~!!」と納得できる面白い絵まであります。
 4人の作家さんのユーモアあるしりとりに、是非ご注目下さい。一人でじっくり考えながら読むのもあり、友達や家族と一緒にコミュニケーションをとりながら楽しむのもあり。
盛り上がれること間違いなしです!